新着情報

◆2015/11/10
リンク集の情報を更新しました。
◆2015/07/10
プライバシーポリシーを新規投稿しました。
◆2015/04/30
これまでにないレフィーネヘッドスパの情報を更新しました。
◆2015/04/16
白髪染めで髪の毛が薄くなるのは本当なのかを新規投稿しました。
◆2015/04/16
白髪染めでついてしまった落ちない汚れを落とす方法を新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

白髪染めでついてしまった落ちない汚れを落とす方法

白髪染めが地肌に付いてしまった場合、すぐに拭き取り、付属のクレンジングジェルや石けんをコットンやタオルに含ませ拭き取ります。強くこすりすぎると地肌を痛め、炎症を起こしてしまう原因になりますので注意しましょう。手に汚れが付いた場合、そのままにしておくと、色が落ちなくなり、黒くなります。時間がたてば自然に汚れがとれることもありますが、すぐに対処すればきれいに汚れを取る事ができます。

■まず初めは。
メイク落としを使用し、汚れている箇所につけます。その後、暖かいタオルで数分当て汚れを浮かします。そして、石けんで洗い流すと落とす事ができます。

■まだ落ちない時、次は。
軽石で汚れを落とす事もできます。肌を痛めないように優しく擦っていく方法です。それでも落ちない場合は、歯磨き粉でコットンや布に適量の歯磨き粉を付け擦る方法もあります。

■結構、落ちたけどもっと綺麗にしたい時。
頑固な汚れは、除光液を付け拭き取り再度、軽石と歯磨き粉を使用してみましょう。あまりやりすぎると手が荒れたりしますので、頑固な汚れには時間をかけて行いましょう。

■漂白してもよい白い服で白髪染め。
衣服に付いてしまった汚れの場合、塩素系漂白剤でないとほとんど落ちないので、お気に入りの洋服などは気をつけましょう。白髪染めを行う時、もし付いてしまった場合に備え、漂白剤で色落ちしないような洋服がベストです。

■白髪染めを行う場所には注意。
木製の床や壁紙、じゅうたんなどに付いてしまった場合、ほぼ元に戻すのは困難です。
シンナーや除光液などを使用しても、多少は落ちますが、素材を痛めてしまい痕が残ります。あらかじめ白髪染めで汚れないようにするか、汚れても問題ない場所や目立たない場所での使用を考え、注意して行うしかありません。

■汚れがついた厄介な所には。
洗面台や革製のソファーなど場合、むやみに、除光液やシンナーなどを使用すると、汚れよりひどくなり、傷がついたり変色したりする場合があります。洗面台やソファーの素材を確認し説明書があれば、内容に合う方法で慎重に行いましょう。そのような説明書がない場合は漂白剤や除光液、シンナーを薄くして、コットンやタオルに付け、目立たない箇所で試してしてみましょう。